菊芋(キクイモ)ダイエット




◆菊芋(キクイモ)ダイエット


菊芋(キクイモ)ダイエットとは、

菊芋(キクイモ)を摂取するダイエット方法です。


菊芋(キクイモ)は、サプリメントでも販売されていますので

摂取しやすい方法をお選び下さい。


菊芋は、北アメリカ原産の植物で、根に塊を作りますが、

ジャガイモなどのデンプンを主体としたイモ類ではありません。

救荒作物として栽培されたが、野生化しているのが現状とのこと。

菊芋は、キク科の多年草。

菊芋の高さは1.5〜3メートルの植物で、茎・葉に粗い毛があります。

葉は長楕円形をしていて、秋に黄色の大きな頭状花を開きます。

地下茎は塊状でイヌリンを含み、食用、

またはアルコール・果糖の原料にします。


菊芋にはイヌリン、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、

酵素等が豊富 に含まれていますが、

なかでも血糖値をコントロールするイヌリンという 多糖体が

『低インシュリンダイエット』の効果を促進します。

そして、イヌリンは胃の中で水分を含んで膨らみゲル状となり、

腸官に移動し、腸の粘膜を包みます。

すると、

食事から摂った糖質や 脂肪は腸から吸収されずに、

排泄されることになります。

糖が吸収されなければ血液中の糖分や脂肪分は増えません。

また、膵臓は インシュリンを分泌させないで済むので、

中性脂肪の蓄積量が減り、太りにくくなります。


<菊芋の成分>

菊芋の成分(キクイモエキス末100g中)参考値

タンパク質:1.0g 

糖質:21.2g 

食物繊維:0.1g 

イヌリン:2.42g 

灰分:1.4g

エネルギー:89kcal 

ナトリウム:16.7g
 
亜鉛:47μg


<菊芋の効果・効能>

・菊芋はβカロチン、ビタミンC、亜鉛、セレン、

 サポニン、フラボノイドなどの抗酸化成分により

 活性酸素を消去する。


・菊芋は低カロリー食品、

 80%の成分が吸収されず栄養にならないダイエット効果がある。

・食事の糖やコレステロールとともに脂肪も体外へ排出される。

・菊芋に含まれる鉄分は、

 ヘモグロビンや鉄ポルフィリンの活性化作用がある。

・菊芋のイヌリンは低カロリーのため、

 糖尿病の栄養制限に適している。

 また、イヌリンは、多糖類で糖質にデンプンが無く、

 血糖値が上昇しにくい。






「ここにアドセンスのレクタングルを入れる (

の間に入れること) 尚、アドセンスを入れたらこの文面は削除する事!」

posted by さくら at 11:28 | ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。