すりゴマダイエット



◆すりゴマダイエット


ゴマを1日大さじ1?2杯とるダイエット法。

ゴマの外皮は非常に硬く、そのまま食べたのでは

ほとんど消化吸収されないので、食べる直前にするのが

最良の摂り方。


でも、面倒だし外出先では実践できないので、

あらかじめすっておいたゴマを持ち歩くのが

良いでしょう。


すりゴマダイエットは、抗酸化物質が

豊富なすりゴマを毎日の食生活に

摂り入れることにより、血液をサラサラ状態にして

老化を防ぎ、食物繊維が便秘を解消するという

ダイエット法です。


一粒がとても小さなゴマですが、

その中にはぎっしりと栄養がつまっています。


主な成分として、若返り成分である抗酸化物質の

ビタミンE、不飽和脂肪酸、解毒効果があるセサミン、

便秘を防止する食物繊維、ストレスを

防止するトリプトファン、ガンを防止するセレン、

貧血を防止する鉄分などダイエットに必要な栄養素が

豊富に含まれているので、毎日の食生活に

ぜひ摂り入れましょう。


ゴマの効果的な摂り方は、フライパンで

炒った後すり鉢などで少しゴマの形が

残るかなというぐらいまですってから食べます。

1日10グラム(大さじ1ぐらい)が摂取量の目安です。


ふりかけとしてごはんにかけたり、

チャーハンやスープ、サラダにかけたりと

いろいろな料理に使えます。


食べる直前に炒ってするのが理想的ですが

それだと続かないので3〜5日分をまとめて

作って密閉容器に入れて常に食卓に置いて

使うとよいでしょう。


練りゴマやサプリも販売されているので、

炒ってするのがめんどうな人はそれらを

うまく利用しましょう。


<ゴマダイエット実践方法>


ゴマダイエットの方法は、フライパンで

炒った後すり鉢などで少しゴマの形が

残るかなというぐらいまですってから食べます。


1日10グラム(大さじ1ぐらい)が摂取量の目安です。


ふりかけとしてごはんにかけたり、

チャーハンやスープ、サラダにかけたりと

いろいろな料理に使えます。


食べる直前に炒ってするのが理想的ですが

それだと続かないので3〜5日分をまとめて作って

密閉容器に入れて常に食卓に置いて使うとよいでしょう。

練りゴマやサプリも販売されているので、

炒ってするのがめんどうな人はそれらをうまく利用しましょう。




「ここにアドセンスのレクタングルを入れる (

の間に入れること) 尚、アドセンスを入れたらこの文面は削除する事!」

posted by さくら at 07:15 | ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。